現在の閲覧者数: リアーキの娯楽小屋 コトブキヤ ハイエンドマスターモデル セイバータイガーシュバルツ仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトブキヤ ハイエンドマスターモデル セイバータイガーシュバルツ仕様

P1040952.jpg
銀河の彼方にある、『惑星Zi』。そこでは、優れた戦闘能力を持った金属生命体『ゾイド』が存在した。
ゾイドは自ら闘う意志を持ち、惑星Ziにおける帝国と共和国の戦争の中、最強兵器として君臨していた。
(アニメ冒頭ナレーションより)


テレビアニメ『ZOIDS』のガイロス帝国のゾイド、セイバータイガーを、同国軍少佐カール・リヒテン・シュバルツ少佐に合わせてカスタムした機体のキットです。当時のトミーのキットでは販売されませんでしたが、10年の時を経て、コトブキヤのHMMからのリリースとなりました。1次販売分は入手出来ませんでしたが、今回再販が行われました。



P1040916.jpgP1040917.jpgP1040918.jpgP1040919.jpg
トミー版の電動キットを持っていない(当時は祖母に買ってもらったライガーゼロぐらいしか電動キットがありませんでした)ので比較は画像検索をして頂く事になりますが、まずは電動ギミックが無くなった事により、電池、モーターを入れるスペース、四肢の連動させる機構がオミットされ、全体的にスマートになっています。



P1040920.jpgP1040921.jpg
コクピットハッチ。後にコマンドウルフ アーバイン仕様からは専用機に塗装済みのパイロットが付属しますが、この時はまだ付属せず、ランナー部分から切り取って組み立てるパイロットのみとなっており、再販に新規パーツで付属と言う事も残念ながらありませんでした。
…シュバルツ少佐は軍人だからパイロットスーツに着替えたと脳内補完…アニメだとみんな操縦専用の服というのは殆ど着ませんでしたけどね…



P1040922.jpgP1040923.jpg
非常に広く開きます。開き過ぎてる位ですね。



P1040924.jpgP1040925.jpg
電動ギミックオミットの代わりの一つ、内部ゾイドコアの再現と取り出しをした所です。



P1040926.jpgP1040929.jpg
ガトリングの弾倉と、予備の火器を搭載したサブ・アーマメント・パックです。
後部のガトリング砲と繋がっている給弾ベルトは軟質パーツ製です。どうしても経年劣化は避けられない(私のダークホーンのは残念ながら現在はボロボロです)ので、その内他のパーツを使って小改造の必要がありますね。



P1040931.jpgP1040933.jpgP1040934.jpgP1040935.jpgP1040936.jpg
後にダークホーン等にも流用される事になるガトリング砲です。共通なのは前部と後部で、中間部分はシュバルツ機、ダークホーン機で給弾ベルトの接続方法が違うので別パーツになっています。
劇中では飛行ゾイドである(しかも一般機より強化されている)ブラックレドラー相手の演習シーンが印象的ですね。
ミサイルポッドはジャッキアップ可能。レッドホーンと同じ物…というか、キットの順番的にはセイバータイガーが先で、武装部分が後にホーン系にも使われることになります。
センサー部分にはジュエルシールを使用して、クリアパーツとはまた違った感じでレンズっぽさが出ています/
また、キットのセンサーは無改造では可動しないのですが、劇中では上空のブラックレドラーを狙う際にガトリングと共に動いていたので、自分はHMMライトニングサイクスの関節キャップの余りを利用し、稚拙な改造ながら可動できるようにしました。




P1040913.jpgP1040939.jpgP1040940.jpgP1040942.jpgP1040943.jpgP1040944.jpgP1040945.jpg
P1040946.jpgP1040950.jpgP1040951.jpg


コトブキヤのセイバータイガーは、ノーマル、シュバルツ仕様、グレートサーベル、ルドルフ仕様と4種出ています。当然2種目以降はノーマルのセイバータイガーの色替え&新規パーツ追加ですが、ノーマルの段階で既にシールドライガー、コマンドウルフ等の先発キットから更に発展している為、可動範囲、組み立て易さ共に好調です。
ただ、精密故に細かいパーツの分解率は高いですね。撮影中も組み直しを何度か行いました。前足も保持力はいいのですが、固すぎるてポージングに苦労しました。その辺は難点ですね。
ちなみに、一次販売分では、本キットの爪、牙は黄色で、今回の再販版では、パッケージイラストに合わせたカラーに変更されています。一次販売分は一次販売分で、あの黄色いカラーは箱絵とは違ってもアニメには合っているので、どちらも捨てがたいですね。



P1040953.jpg
僕がガトリング砲好きになったのはだいたいサイボーグクロちゃんとゾイドのせい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リアーキ

Author:リアーキ
HN:リアーキ(rearki)

性別:男…とみせかけて…やっぱり男

年齢:注射が怖いのを『いい年こいて…』と言われるレベル

血液型:A

星座:水瓶座

趣味:肉体鍛錬、アニメ、映画(アクションやコメディ等娯楽性重視)、漫画、亀の世話、ゲーム、立体物(プラモデル組み立てや、フィギュアはアクションフィギュアを好む)、絵を描く、写真撮影、カラオケ、料理…

いけないなと思うもの:食わず嫌い(故に、趣味の欄はどんどん分厚くなるでしょう)

↑その結果:色々と器用貧乏感丸出しに

食ってみた上で駄目だったもの:トマト(生)

その他:
・相互リンクはうぇるかむです。拍手でもコメントでもtwiterででもお好きな形でご連絡を…

・HNはだいたい『リアーキ』か『rearki』で統一しています。Twitter、Twipic、pixiv、うたスキ動画、モバマス等々…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。